会社についてabout

企業理念

当社は1957年創業以来、鍛造・加工品の専門メーカーとして、自動車・建設機械・産業機械などに必要不可欠な各種部品を製作しております。 ISO9001;2015の品質方針「品質第一に徹し、お客様に喜ばれる製品を提供する」をモットーに、「良い物を、早く、安く」ご提供できるよう努力しております。 また、変化する時代にあって、お客様の多様化するニーズにタイムリーに対応するために、技術力の向上も進めております。 環境への対応ではエコアクション21の認証を取得しており、地球に優しい・人に優しい環境づくりを目指し、「安全第一」を基本理念とした職場づくりを進めております。

新潟マテリアルの外観写真

会社概要

商号 株式会社新潟マテリアル
資本金 1億円
所在地 本社・新潟工場
〒959-0161
新潟県長岡市寺泊竹森1510
TEL 0256-97-3781  FAX 0256-97-3902

東京事務所
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3-6-9 神田第2アメレックスビル7階
代表者 代表取締役 工藤敏博
設立 1957(昭和32)年8月29日
従業員数 31名
事業目的 自動車・機械設備・産機機会などの各種設備の製造販売
グループ会社 株式会社大多摩製作所
https://sites.google.com/ohtama-seisakujyo.com/bankin/
主要取引先順不同 日立建機株式会社
株式会社日立建機カミーノ
株式会社日立建機ティエラ
住友重機械建機クレーン株式会社
多田機工株式会社
センクシア株式会社
株式会社日立産機システム
株式会社日立ニコトランスミッション
カヤバ株式会社
すぎやま工業株式会社
株式会社大岸製作所
三菱製鋼株式会社
三菱重工業株式会社
三菱ふそうトラック・バス株式会社
三菱ロジスネクスト株式会社
キャタピラージャパン合同会社
株式会社アキタファインブランキング
株式会社常磐製作所
日本トムソン株式会社
株式会社ユニテックギヤ
太平洋精機株式会社
株式会社ティクスTSK

沿革

1957年(昭和32年)8月 株式会社本橋鉄工所を設立。建設機械および自動車部品の型鍛造を主とし、神奈川県川崎市にて創業。
1970年(昭和45年)10月 新潟県三島郡寺迫町で新潟工場稼働開始。
1985年(昭和60年)2月 6,300トン スクリュプレスハンマおよび加熱設備を新設。
1985年(昭和60年)11月 生産合理化のため、工場を新潟工場に集約。
1989年(平成1年)10月 工場隣接地1,702㎡を追加取得。
1992年(平成4年)4月 社名を(株)新潟マテリアルと変更。
2000年(平成12年)3月 3D CAD増設。金型設計図作成の拡大。
2004年(平成16年)7月 ISO9001;2000版認証取得
2005年(平成17年)1月 1.8tトンエアドロップハンマを導入。
2005年(平成17年)6月 3トンエアスタンプハンマ更新と700kw誘導式加熱郎炉を導入。
2006年(平成18年)3月 エコアクション21認証取得。
2006年(平成18年)5月 4トンエアスタンプハンマ更新。
2009年(平成21年)7月 6トンエアスタンプハンマ、1500kw誘導式加熱炉、800トン機械プレスを導入。
2012年(平成24年)11月 新事務棟および金型工場竣工。3次元レーザ測定器の導入。
2013年(平成25年)5月 1トンエアスタンプハンマ入替。
2015年(平成27年)6月 発送場竣工。
2021年(令和3年)4月 大多摩製作所と資本提携