沿革

1957年(昭和32年) 8月 株式会社本橋鉄工所を設立。 建設機械および自動車部品の型鍛造を主とし、神奈川県川崎市にて創業。
1970年(昭和45年) 10月 新潟県三島郡寺泊町で新潟工場稼動開始。
1985年(昭和60年) 2月 6,300トン スクリュプレスハンマおよび加熱設備を新設。
1985年(昭和60年) 11月 生産合理化のため、工場を新潟工場に集約。
1989年(平成1年) 10月 工場隣接地1,702㎡を追加取得。
1992年(平成4年) 4月 社名を(株)新潟マテリアルと変更。
2000年(平成12年) 3月 3D CAD増設、金型設計図作成の拡大。
2004年(平成16年) 7月 ISO9001;2000版認証取得
2005年(平成17年) 1月 1.8トンエアドロップハンマを導入。
2005年(平成17年) 6月 3トンエアスタンプハンマ更新と700kW誘導式加熱炉を導入。
2006年(平成18年) 3月 エコアクション21認証取得。
2006年(平成18年) 5月 4トンエアスタンプハンマ更新。
2009年(平成21年) 7月 6トンエアスタンプハンマ、1500kW誘導式加熱炉、800トン機械プレスを導入。
2012年(平成24年) 11月 新事務棟および金型工場竣工。3次元レーザ測定器の導入。
2013年(平成25年) 5月 1トンエアスタンプハンマ入替。
2015年(平成27年) 6月 発送場竣工。
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。